2020年12月11日

プランニング

新入社員がYU-GRAM(ユウグラム)から学ぶ住宅のいろは⑨

新入社員がYU-GRAM(ユウグラム)から学ぶ住宅のいろは⑨

皆さんこんにちは!遊建築設計社の小川です。

今回も、YU-GRAMに収録されている項目を紹介しながら、私が学んだことをお伝えしていきます。

第9回目となる今回は、パントリーについて私が学んだこと、感じたことをお話ししたいと思います。

パントリーの意味って?

日本における住宅の面積が年々縮小傾向にある中でありながら、「充分な収納スペースが欲しい」というお施主さんからの要望は増えているのではないでしょうか。

“収納スペース”や“収納術”といった、収納をテーマにした記事やテレビ番組のコーナーを見る機会が増えたような気がします。
建てようとする家の面積は小さくなるのに、収納スペースが欲しいという想いは大きくなるのですね。
そんな収納スペースの中で、今回は人気があるパントリーを取り上げたいと思います。

私は、学生時代に飲食店で働いていたので、パントリーという言葉は聞きなじみがあり、客席とキッチンの境界にある配膳台となるスペースをパントリーとして使用していました。
お客様の目に触れる機会が多く、ホールの一部のようなイメージを持っていました。

そもそも『pantry』(パントリー)という言葉は英語であり、『食料貯蔵室』『食器室』という意味があります。
住まいにおいては、本来の言葉の意味に近い、収納のスペースとして設けられます。
飲食店と住宅では、異なる意図で設けられ、使われているのですね。

人気の間取り、王道『パントリー』

パントリーはキッチンの一部、キッチンに隣接した場所に設けられます。
食品を大量にストックしたり、調理器具をしまっておいたり、災害用の備蓄品を置いたりと様々な用途があります。

YU-GRAMでは、ウォークインタイプのパントリーについて、奥行きは910mm以上が必要である、と記載しています。
奥行きを取ることで収納棚の前に人が立つことができ、低い位置に置いたモノを屈んで取り出すことができるようになります。

挿絵

また、棚の配置による使い方の違いも解説しています。
壁に沿って棚が配置されているため、何がどこに置いてあるかが一目で把握することができますね。
住まいの収納スペースの中で、パントリーが持つ最大の特徴ではないでしょうか。

玄関からもパントリーに直接入れるようにすると、買い物後の食料品をすぐにしまうことができそうです。
パントリーにカウンターを設けることで、収納場所としてだけでなく、ちょっとした作業ができるようなスペースになるかもしれません。

収納スペースでありながらも、住まう人の暮らし方に合った使い方ができると嬉しいですよね。使い方のイメージがしやすいことも、パントリーが人気である要因の一つのように思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

本日ご紹介した『プランづくりのルールブック YU-GRAM』
オンライン説明会が好評開催中です。お気軽にご参加ください。
YU-GRAM オンライン説明会

小川 敦進氏
有限会社 遊建築設計社 小川 敦進(おがわ たいしん)
2020年4月:遊建築設計社に入社。商品企画やSNSを活用した広報を担当。
“暮らしに関わること”を仕事にしていきたいと、「衣・食・住」を中心に就職活動。業界未経験ながらも、“住まい”が日常生活に与える影響力にやりがいを感じ、設計事務所で活躍中。

遊ベーシックデザインの会 住まいの文化座

全国の住宅会社・工務店とともに設立した「デザイン住宅に特化した会」です。時代に合った生活提案力のある商品企画、社員力向上のためのデザイン研修、定期会合や文化交流会(建物見学会)などによる情報交換を行っています。

家づくりのガイドブックブロックプランの家
無料
配布中
ブロックプランの家
詳しくはこちら

PISSH

『PISSH ピッシュ』は、電子上の間取り集です。
住宅の間取り(10,000プラン以上)の中から、住宅会社の営業職・設計職や建て主が間取り条件を設定すると、自動的に希望の間取りが選定される「検索システム」です。

詳しくはこちら

UNIMO

「unimo(ユニモ)」は、住宅専門の建築設計事務所である、遊建築設計社(遊ベーシックデザインの会運営事務局)が行っているプランニング手法「遊のブロックプラン」を軸とする、住宅設計の課題を解決する取り組みです。

詳しくはこちら
採用情報 採用情報