動画:研修内容

『敷地に対して建物をどう配置するか』には、様々な考え方があります。
たとえば、
◇何を基準に配置するか…
日照、庭、駐車スペース、眺望、隣地の建物の位置、方位など
◇土地の形状をどう読み取るか…
どこを基準にしたらよいか
◇敷地をどう活かして建物を建てるか…
◇法的な制限はどうか…
建ぺい率、道路斜線、北側斜線は
などなど、多くの考え方があります。

建物をどう配置するかで間取りは変わります!
配棟計画』は、間取りづくりに入る第一歩です。

そこで求められるのは、
施主への「論理的な説明方法」です!
本セミナーでは、実践課題を通じて、
敷地に対する建物配置の様々な考え方を学べます!

2012年12月12日